自動車を売却する場合や、また車の下取り時も印鑑証明が必要になります。それではこの印鑑証明に関して説明していきます。印鑑証明というのは、ある印鑑が実印として効力を持つことを証明するための正式な書類です。印鑑証明がない場合には、その印鑑について実印であることがわかりません。高額な商談になる愛車の売却ですのでどうしても実印が要ることになりますがそれと同時に印鑑証明書が要るのです。印鑑証明書を交付してもらうにはその前に印鑑証明することが必要です。印鑑証明書に登録するはんこは通称、実印と呼ばれこの世に一つだけのはんこである必要があります。実印を準備して近所の市役所などの受付に行くことで、印鑑登録の手続きができます。印鑑登録の手続きをすれば、印鑑登録カードなるものが発行され、印鑑登録手続きをしたハンコは実印として使えるようになったということになります。印鑑証明、正確には印鑑登録証明書を交付してもらうためには市町村役場の担当部署へ行き、印鑑登録証明書交付申請書という書類に必要事項を書き込んで、印鑑登録カードを提示するだけです。さらに、自動交付機で印鑑証明を交付してもらう事が可能です。印鑑証明には期限切れなどはありません。ですから、いつ取得した印鑑証明でも印鑑証明としての効力は続くことになります。しかしながら車買取時には必須条件として三ヶ月以内に発行された書類である必要があります。ほとんどのケースで期限を定める必要はないですが、中古車の買取時には、買い取る側が期限を決めているのでもしも自動車の買取を検討しているのならば手放す前に用意しておくとスムーズに進みます。